高額になることがある雨漏りの修理費用

雨漏りの修理をしようと思って見積もりを取ったら、驚くほど高額で困ってしまうことがあります。



雨漏りを発見した時には、すでに屋根裏や天井裏が水浸しになっていて、その水のほんの一部だけが天井の隙間から滴り落ちていることが多いからです。この場合、屋根の修理費用だけでなく、屋根裏や天井裏、天井の修理が必要になるので、修理費用が高額になってしまいます。
さらに、高額になる場合もあるので注意が必要です。



屋根裏や天井裏にたまった水が行き場をなくして、壁の内側を伝い、さらには床下にまで侵入してしまっている場合です。

壁の内側や床下は、普段見えない部分なので、発見されたときには傷みや腐食が進んでいる場合が多く、壁や床をはがして大規模な修繕が必要だったり、被害が深刻な時には、建て替えが必要になることもあり、修理費用はかなり高額になります。



雨漏りを発見した時には、雨がやんで雨漏りがしなくなったからといって放置せずにすぐに修理をすることが必要ですが、できれば早期発見をするために、定期的に屋根の点検を受けることがおすすめです。

また、台風や強風の時に雨漏りがする場合には、火災保険の風災が適用になり、修理費用が保証される場合があるため、保険会社に連絡をして、確認してもらうことをお勧めします。家の内部に水分が侵入すると、劣化が早まり、家の寿命がたいへん短くなってしまうので、定期的に点検を受けたり、メンテナンスをすることをおすすめします。